カテゴリ:家( 4 )
おまけ
母から悪魔祓いの薬貰った。

……精神安定剤みたいだ……

悪魔祓いって。
そんな。
ハイセンスな。

確かに悪魔祓えそうだよ。
アレが無くなるなら素敵な薬だよ。



好きな人が一人増えた。

若い時のアイスバーグ。
…2次元だよ。悪かったな。

昔ほど考えてものを書いていません。
頭使うことから逃避。
ほっほい。
[PR]
by requiem_her | 2005-05-01 23:05 |
レッツ●■▲コンプレックス!
あたしには愛しい人が居ります。

その人は弦楽器を愛し、時に優しく時にケチで、実に自己中心的。あたしと同じB型。
弦楽器というのは、ピアノにベースにギターと多彩。ドラムも実は得意。
彼はバンドのパートはほぼこなせる。ボーカル以外というのがまた素敵。
最近はUFOキャッチャーに嵌まっている。よくスライムクッションやら、チョッパーぬいぐるみを取って来る。
あたしには何一つ呉れないけれど。見せびらかされるだけだけど。…ち。

二人で町田をぶらぶらしたこともある。
その時の田舎者丸出しでキョロキョロしていたのが物凄く印象的。

彼の煙草はマイルドセブンライト。…普通。いや、大衆にうける味と言うべきか。
でもその普通さも良い。
彼のサッカーマニアぶりは目を瞠り過ぎだから。ちょっとは普通な面もないと。

ヨーロッパサッカーを愛し、イングランド贔屓だったけれど、最近めっきりチェコに夢中。
色々教えてもらったけれど、あたしには格好良い選手しかうつらなかった。ごめん。
だってチーム名と、其のチームのエース覚えるだけで精一杯なんだもん。

彼には程々に女友達が居る。でも実は、結構奥手。
若気の至りでオイタは数回あるけれど、本気の恋は初めてかもしれない。
あたしとしては嫉妬のひとつやふたつ、するのが普通かもしれないけれど、
そんなの全く無い位喜ばしい素敵な、からかえる美味しい出来事だった。
卒業式の日に告白するなんて!あんた男だよ!(つーか寧ろおせぇよ)
其の彼女とは今も仲良くやってる。らしい。

昔、彼はよくある「グレた」子だった。学校行かない深夜は居ない、族の集会は行く、煙草は当然。髪は赤髪(しかし似合わない)そして謹慎停学当たり前。
でも其の当時から、あたしは彼と仲が良かった。
親に反発はしていたけれど、あたしとは良く話した。
…いやゲームがどうだとか、煙草を吸うとか、ラルクがどうだとか、友達がどうだとかばかりだけれど。そこが今の彼とあたしの仲を形成しているのではないかとも思うのです。
あの時代、あたしにまでも反発していたら、このような環境は無かったと思う。

彼の話をすると、周りに彼があたしを好き過ぎるのではないかとよく言われる。
それは逆。
きっとあたしが大好きなのです。
母親に羨ましがられるくらいのあたし達の仲。
誰にも邪魔はさせません。

…彼の名前は健やかに育つようにと父が付け、更に父が家族から受け継いだ文字を一文字加えた素敵な名前を付けられました。
もう19年目の付き合い。
さて先に結婚するのはどちらか。

…そんなブラコンなあたし。
…例え引き出しから及川奈央DVDを見つけても、寧ろ好きな要因になってしまう。それくらい盲目。…寧ろどんなんか、ちょっと気になったりならなかったり。
[PR]
by requiem_her | 2004-09-13 05:54 |
神はイコール自分なんだよ。いいえ、自分の中に、神が居るの。
下の日記を自分で読んだのだが、あたしは相当マザコンなようだ。
そしてタイトルがちょっと危険だ。

あたしが母上の学生生活と似たような人生を歩んでいたことに愕然とする。
あたしの親への感じ方。彼女ほど親を嫌っては居なかったが、親の手の中から抜け出そうとも、居たいとわざわざ感じるほどでもない、丁度良い関係。
依存ではあるが、親にとっても自分にとっても、今はこれがバランスの取れた関係であるという認識。
今あたしに一番近い人がどういう人かという話はしないが、男ってこんなんよねーとか、あんたは未だ若いわ、とかいう話は最近よくする。いやそれも、他人を交えないとしないのだが。
多分お互いに恥ずかしいのかもしれない(笑)

それこそ人間関係の処理方法から、男に対する態度まで、あたしは昔から無難という文字そのものの人生を送ってきた。
あたしは母上に好みを決められ、それに従えば彼女が喜ぶと思って生きてきた。
が、意外とそうでもなかったらしい。
中学を決めたのも、塾でトップ10に居るために無駄に努力していたことも、なんだかんだで自己意思だったらしい。
意外と好き勝手させてくれたようだが、学校に行かなかった事で、あたしは初めて泣かれた。後にも先にも一度きり。

あたしは小学校の頃から堕落癖があったのである。
元々人間関係構築が下手なのだが、それを維持するのにも相当な労力を必要とするので、それが面倒で週に1度は学校に行かないのである。酷い時は3日連続位続いた。只の堕落なのか、鬱なのか判らない。鬱だったのかもしれない。軽くいっぺん死んでみるかーなノリ。
(若気の至りをして朝起きれなかっただけの時もあったけどさ…)
そんなあたしに彼女は遂にキレた。今までに無いほど怒鳴られた。
…そのときのあたしは「別に貴方には迷惑かかって無いじゃん」とか、「あたし怒るよりも、弟のグレっぷりに怒れよ」とか考えて、勝手に理不尽さを覚えていた。
あれは、不安故の崩壊だったのだろうと今は思う。
あたしに親の子を思う気持ちはわからないけれど、不安で潰れそうでぶちまけたい気持ちはなんとなくは理解できる。
そんなあやふやな感じながら、彼女は何かを吹っ切った。
高校卒業前になって、彼女はあたしに好きなことをやれと言ったのである。
果たしてそれは、あたしにとって幸せだったのか、試練を与えられたのか。
自由の代償は孤独であると人は言う。あたしもそう言われた時は、どうして良いのか判らなかった。とりあえず、この受験ストレスを早くどんな形でも良いから終わらせようと思った。
まぁ、そういう先を見ない人間なのである、あたしは。
それでも選んだ道を、彼女は認めてくれている。
そこであたしがうまくいかなくとも、まだもがかせてくれる。
感謝してるんですよ。本当は。甘えてばかりですよ。
だから、せめて、貴方よりは絶対に長く生きます。みてろよ。

……でも堂本光一とは結婚できません。此のネタいつまでつっこまれるんだろう…
[PR]
by requiem_her | 2004-08-29 04:31 |
貴方に降り注ぐ物が雨だろうが。運命だろうが。
公演2日目。
早く終わってねみーな今日は早く眠れるかなと思った矢先。

母上の友人が来ていた。あたしも好きなおばさん(失礼)である。
まぁその人にも色々あって、すさんでいたわけであって。
うちに来ると癒されるらしい。わざわざ茨城の鹿嶋くんだりから良く来たものだ。
お金の価値が大人と子供では違うのだからそんなもんなのだが。
友達に会いに来るんだしね。

その人と母上の会話に混ざるのが大好きである。
なんせ三人ともB型だから、どうでもいい話で相当盛り上がれる。
男は頼りないだとか、生きるという点において人間と接するのはどういう試練だこういう存在だとか、器と精神的なものの関係とか、母上の学生の話だとか、親から見る子への感情とか、依存してしまう相手の大きさとか、感謝の意から、あたしの婿は堂本光一でないとダメだという良くわからない好みまで。(ココに母上の理想の全てがつまっている。適度に格好良くてちょっと変そうで関西人(しかも兵庫県東部出身)で、しゃべれて楽しそうという点が)

事細かに覚えておこうと思うのだけれど、濃い話が何回転も展開されていくので、書ききれないほど。
B型はどうしようもない劣等感と共に、此方も最高にどうしようもないほどの自己中心的観点が存在する。B型同士だと、その最高にどうしようもない自己中心的観点を共感できるのだ。
本当に他愛の無いお話なのだが、彼女はそれを求めて祖師谷なんて辺境まで態々赴くのである。

その人には3人子供が居て、1番上のにいちゃん(あたしの幼馴染)が交通事故でおばあちゃんを轢いて死なせてしまった。
其の話を聞いた時、あたしは車しばらく怖くて乗れねーなぁ、とか、裁判は、免許剥奪は、執行猶予は、とかそういうものでしか物事を測れなかったのだけど。
実際会った時、何かが違った。
哀れみなのか、判りそうで判れないでも辛いのだろうな、とか、あたしには何も出来ないのだろうな、という何ともいえない感情が湧く。
泣きそうに成るけど、あたしは結局当事者でも家族でも、それこそ親でもないので泣いては失礼なのだと思い、何もわかってないふり…というか、他人事であるという素振りを見せた。あー…大変でしたねぇ、みたいな。
それも失礼なのだが、あたしは判らないのに判ったふりをしてもばれるからしたくない。
その人は其の事件で夫がどれだけ頼りない存在かということを思い知ったという。
3人目の子が高校を卒業して就職したら離婚するという話まで出ていた。
あたしみたいな未だ20年しか生きていない人間が、どんなにそれってそんなんで良いの、とか、いいトコだってあるじゃんとか、よくある言葉を並べても、もうだめなのだというように見えたので、何も云えなかった。
息子が大変な時に、その人は独りでどうにかするしかなかったらしい。
それで此の人にはもう頼れない、と強く思ってしまったらしい。
20年以上も連れ添った人がそんな人だったというのも、ただ本人に見る目が無かっただけとなるのだが。
男と女の別れなんてそういうものなのだが。
何か重さが計り知れなかった。子供とか、生活とか、結婚って、相当重いものなのだ。
どうするのだろう。あと2年ほど先の話だが、あの家庭はどうなるのだろう。
幸せであってほしい。自分は何も出来ないくせに他人の幸せを願うなんて勝手すぎるけど、あたしはあの家庭の、そのおばさんと幼馴染と、その弟と、3人目の子と、皆で馬鹿騒ぎしたい。

そういえば母上が大病だった時、よく離婚しなかったな、と思う。
あの病気の原因は、あたしが実家に居なかったとか、弟が夜中当然のように家に居ないからだとか勝手に思ってはいたが、どうやら9割以上の割合で父に原因があったようだ。
彼女は荒れに荒れたらしい。浮気とかは無かったものの(どうやらうちはただでさえ性欲というものに乏しい人間が多いらしい…あれ。あたし異端児?)、それ以外の事は結構やっていたようだ。
去年の暮れに父上から電話が掛かってきた時は、何でなのか泣いた。
父親には、さばさばして毒舌で余り他人に関心の無いあたしで通していたので其の電話は物凄くあっさり終わらせたのだけれども。
煙草もまともに持てずに「煙草吸ってくる」と言ってその場に居た皆から離れたのを覚えている。
母親に失望したからでもなくて、哀れんだからでもなくて、心配…という言葉は未だ良くわからないので心配なのかもわからない。でも何か泣いてしまった。
嫌だったのかもしれない。
あたしの中で、母上は物凄く大きな存在。昔は体面とか格式とか学歴とかを重んじる人間だったと思っていたのだが、実は奔放で我儘で、楽天家で相当ミーハーで、完璧主義なのだけれど、こんな中途半端なあたしを認めてくれる。
そんな人間が負の感情に押しつぶされて辛くて、壊れるのが嫌だったのかもしれない。
そういえばその時あたしは横に居てくれた人に「嫌だ」って云って泣きついていた気がする。
…何で離婚しなかったというと、それはオーラなのらしい。
原因は沢山あった。自分が妥協していくことで、張り詰めて、もろくなって、崩れそうになって、でもなんだかんだで崩れなかった。
それは、それ以上の何かがあったからだという。自分に必要な人間だからなのだという。何を差し引いても、今の自分には無くては成らない存在。空気以上。
依存かもしれない。そこに愛なんてないのかもしれない。でも、壊れることは出来なかった。終われなかった。…遂この間似たような経験をしたけれど、それが愛なのか、自己防衛故の依存なのか判らない。でもあたしには、その人は必要不可欠だった。自立というものには程遠いのだけれど。何処までも自分本位なのだけれど。
愛とはなにか。…自己防衛?
判らないけど、傍に置いておいて欲しいようだ。置いていてとは言いつつ、傍に居て欲しいのだろう。女というものも我儘なものだ。男とか、女じゃなくて、人間が、か。
[PR]
by requiem_her | 2004-08-29 03:58 |



信念と拘りの相違
by requiem_her
カテゴリ
全体
萌萌
乙女っぽい

口語的私的指摘
ノリ乗り
未分類
傍観者の哀れみ
タニモトユキコ

洋館に棲んで
廃墟に散歩に行って
神社で戯れる
そんな日常を
送って居ります
と言う様な嘘を
吐いたりもしますが

時間を葬送する為の
記録で御座います
変身がしたいのです
一生掛かってでも
美しい妖怪に
成りたい次第です
フォロー中のブログ
にわとりマチコ
あたしの毎日1ドキドキ
マチコ寫眞館
ライフログ
以前の記事
2016年 03月
2012年 04月
2011年 10月
2008年 09月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 06月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧